人事領域における経営課題改善

zettaipr2nitei1

なぜ今評価制度が必要なのか? 

優秀な人材の流動化(離職・退職)を防ぐ

人事領域における経営課題改善

評価制度の期待効果

導入までのステップ~導入後おせっかいサポート


◆人事領域における経営課題改善

人事領域における経営課題

●社員の労働生産性を更に向上させたい

●管理職のマネジメント力を育成したい

●採用力を更に向上させたい

●優秀な若手人材の離職率を低下させたい

上記の改善策を見つけるためにもゼッタイ!評価が有効です。

■弊社の評価制度は、PDCAサイクルの出発点である「目標設定(Plan)」から始まります。

その後、「進捗確認(Do)」実施後の「評価(Check)」「査定(Action)」につなげます。

評価制度のPDCAサイクル

経営課題改善、業績を向上させる人事評価

・評価期間を四半期とする

・査定期間を半期とする

・適切な目標を設定する

・中間面談を実施する

・コンピテンシー(4段階)と成果目標項目(6段階)で評価する

・コンピテンシーはマスター(ゼッタイ!評価テンプレート)から選択する

・評価項目は、職種・役職ごとに別々のものを設定する

・評価を細かく報酬に連動させ、マイナス査定も取り入れる

・評価と報酬を連動させる

上記を行い、数値化することで社員、従業員の働く力を見える化し、

人事における課題を解決へと導きます。


 >評価制度の期待効果

>資料請求・お問い合わせはこちらから<